雪の下お野菜でお届けセット

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット。2024/1/30のお届けセットはカブ、ニンジン、大根、里イモ等根菜類中心。タケノコ白菜等とともに方々でお客さんから「ズッシリ」、「デカい」と言われました。今回は重量級、インパクトあるセットになったようです。

雪の下から収穫したお野菜達でセットを作りました

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットは、東日本大震災で一時中断した後、2013年に再開。

以後、11年間、夏や年末年始のお休みを除き、配達を取りやめたのはただ1回のみ、クロネコヤマトの営業所の閉鎖、レンタカー屋さんも車を貸さないと言った大雪の日でした。

それ以外は台風でも雪でも配達を取り止めた事はありません。

さて、2/5から降り出した雪・・・関東各県にも大雪警報、果たして2/6のお届け日、無事に収穫できるのか、車は走るのか?

2/5の夜には雷もなりました。谷村新司さんはお亡くなりになったんですが、ひょっとして天神さまになられた?

あれは菅原道真さんがやってらっしゃるんじゃなかった?

とにかく、明けて配達日、窓の外には神田川じゃなくて、雪景色・・・

津軽海峡はありませんが・・・(爆)

車走るかな?・・・それとも11年め、二度目の配達中止か?

恐る恐る車に乗り込み、暖気運転をして、ソロソロと駐車場から出てみます。

暖かくなってくる車内、車体に積もった雪が少しづつ溶け、フロントガラスに流れてきます。

どうにか車道には雪がなく、畑の前までは行き着きました。

しかし、畑の前の土の道には雪が降り積もっていて、乗入れられそうもありません。

車以前に畑も雪景色で、野菜達も完全に埋もれています。果たして収穫できるのか?

車は畑の前の道への曲がり角近辺を雪かきして、畑までは無理でも曲がり角から畑の前の道に入ったところに置けるようにして、とにかく、交通の邪魔にならないようにはできました。

お野菜が収穫できるか、点検開始です。

雪の中からちょこっとのぞいだ農ポリ・・・たぶん、この下にタケノコ白菜があるはずです。

果たして雪を取り除いてみるとタケノコ白菜は、一部霜傷みはあるもののなんとか収穫できそうです。ホッとしました。

続いてニンジンに取り掛かります。

やはり、雪の下から掘り起こして、文字通り「雪の下ニンジン」の収穫です。

里イモや菜の花、ブロッコリー等も収穫、どうにかセットが作れる状態になってきたので配達に出発・・・

出発するころには雪が一部溶け出して畑の地面も一部見えてきました。

この後、バレンタインデーに向けては気温が上がる見込みです。

既に種まきした春野菜達が雪の下で無事でいてくれるといいのですが…

とにかく、今回は2度目の配達中止にならずに済みました。