ミズナはワタシが好きです・・・♪

7日連続の雨は10年ぶり?

雨があがると気温もあがり…

After the rain comes warming up.

えー、野菜も育ちます…

と言うか、育ちすぎます。

ふと気づけば、小松菜も白菜もチンゲンサイも片っ端から花を咲かせ…

大根もどんどん花芽をつけ、

ホウレンソウもミズナも巨大化・・・

まぁ、とにかく、片っ端から収穫してお届けしよう・・・

と言うわけで、今回は、通常より多めのお野菜お届け・・・

お子さんが葉物をあまり食べないと仰っていた方に、

お野菜お渡ししながら、ミズナ入っているけど大丈夫ですか?

と聞いたら、「ミズナはワタシが好きです」とお返事が返ってきました。

ところで、写真は南鳩ヶ谷・パンデリさんにお届けしたお野菜です。

カブ、ホウレンソウ、育ってます・・・♪

雨の多い4月ですが、昨日は晴れました。

カブが太ってきたので、そろそろ間引きした小カブを一部の方にはお届けできるかも・・・

って、カブ、完全に太っていますね。

「間引き」と言う感じではありません。

とりあえず、リクエストがあった方やダブルセットの方に、

カブをお届けしました。

来週は、全員の方にお届け予定。

それから、この春一番手の大根をお届けしました。

一番手はこれで終了、来週からは二番手のお届けとなります。

春ほうれん草も大きくなってきました。

こちらも来週のセットに加えたいと思います。

5/3はゴールデンウィークでお届けお休み。連休明けから、またお届けを再開致します。

春の葉物全開・・・♪

ソメイヨシノが葉桜になり、見沼菜園クラブでは、菜の花が全開。

水路には鴨さんもいます。

冬~早春にかけて種まきした葉物が全開、今回は、サニーレタス、小松菜、チンゲンサイなどをお届けしました。

葉ニンニクを収穫したら、切り口のところからみずみずしい汁が吹き出してニンニクの香りがほのかにしました。

野菜をお届けした先で、ママがお野菜を受け取っている玄関の後ろの方で体操をしている人がいました。

サヨウナラって言ったら、手を振ってくれました。ちょっぴり照れ屋さんだったのでしょうか。

カキナ、毎日、味噌汁に入れています・・・♪

3日間降り続いた雨。火曜日の朝はまだ小雨がパラついていました。

しかし、徐々に日が差してきて、見沼菜園クラブの周りではタンポポ全開です。

ダイコンも太ってきました。2-4cmぐらいになったものを間引きがてら抜いたのが、「ウロヌキ大根」です。

このところ、お届けは、小松菜やチンゲンサイ、白菜などの菜の花中心。ダイコンなくてさみしいなんてお客さんもいました。

本日は晴れて、ウロヌキ大根をお届け。

ところで、いつも、「カキナ」を頼んでくださるお客さんと久々、お届け時にお会いしました。もしかして、菜の花中心なので、遠慮して、カキナばかり頼んでいるんですか?ってお伺いしたら、

そうじゃなくて、カキナ大好き、毎日、お味噌汁に入れて飲んでいて、今の時季しかないから、カキナ毎回頼むんですとの事・・・

そして、今日は久々お会いした方が他にも・・・

葉物が沢山で嬉しいですとのお言葉。

冬まき、春まきの小松菜やチンゲンサイがどんどん育っています。

非に、他のお宅でも久々お会いしたお客さんに、「葉ニンニク、全然臭くない、香りを楽しめる、和・洋・中華・エスニック、どんな料理にも合う」って嬉しいお言葉が。

これからどんどん葉物や根菜がお届けできますよ。

枯れ草囲いでダイコンは無事♪

年明け3連休を前にして雪。

そして、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、最初のお届け日は雨。

冷えます。

しかし、ダイコンは耐え抜いていてくれました。

年末に年明けの寒波対策として、白菜やキャベツ、大根の周りに枯れ草を積みました。

昔は「藁囲い」と言って、稲わらで囲って、野菜を保温していたそうです。

夏に刈った雑草が、枯れて残っているのを積む、いわば「枯れ草囲い」。

お野菜は、枯れ草の中に埋まってしまっているように見えます。

雪や寒波が直接、野菜に当たらないためか、大根やキャベツは意外に元気。無事にお届けが出来ました。

さて、お届け先で出てきたちyっちゃな男の子。

ドアを内側から開けて、ドアに頭をもたれた姿勢。

あれ、体重がドアにかかっている、このまま、ドアが体に押されて開くと倒れてしまう、危ないなと思った、次の瞬間、ママがドアを押さえてくれました。

と思う間もなく、男の子は、お野菜の包みを受け取ろうと手を出します。

あ、自分で受け取りたかったのですね。

まぁ、そうやってドアにもられると転んで危ないですよと注意しながら、

お野菜を渡しました。

雨の中、お子さんを迎えに行っていたお客さんの自転車とすれ違ったり、

ちょうど出かけるけど、家に誰かいるから渡してくださいと言われたり・・・

そして、「今年もよろしくお願いします」とご挨拶をかわし・・・

2022年の地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットが始まりました。

P.S

川口駅前・RossiCafeさんにビーツやニンジン、ブロッコリーをお届けしました。

RossiCafeさんのお弁当にブロッコリーが入っていたら、たぶん、見沼菜園クラブで採れたものですよ。

葉っぱで分かります。♪

雨も降り出した12/14、今年一番の冷え込み、ちょっと雪もちらつく瞬間もありました。

こうした中、元気に育っているのがホウレンソウです。

種まきからちょうど二ヶ月。トンネルの中で育ったホウレンソウを収穫して、お届けしました。

他には聖護院ダイコン。一部、丸々太ったカブをお届けしたおうちもありました。

これ、ダイコンとカブの区別つかないんじゃ?

前に聖護院大根をお届けした時、セットの中にカブみたいなものが入っていたって問い合わせが来たこともあります。

玄関先で、えー、こっちがカブで、こっちが聖護院大根でって説明しようとしたら、

大丈夫です。葉っぱで分かりますってお返事が・・・

ところで、お留守のおうちにこんな張り紙がしてありました。

とっても励まされますね。

RossiCafeさんに久しぶりにお野菜お届けしました。

たぶん、2020年の春以来です。

お店の前でのマルシェも復活させたいと思います。

年内のお届けは来週で終わり。

2022年もよろしくお願いいたします。

ダイコンはお味噌汁で食べてます♪

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、いろいろなリクエストを受け付けています。

芋掘りに行くのでサツマイモは入れないでとか、

ビーツを入れてなんてリクエストの他、

シュンギクはどうやっても家族の人が食べないので止めてほしいとか言う場合もあります。

この間は、コマツナのような葉物はお子さんが食べないので減らしてほしいとのこと。

そこで、ダイコン、カブ、ホウレンソウをセットに加えたものの感想をお伺いしました。

ダイコンはお味噌汁で、ホウレンソウはマヨネーズ和えも胡麻和えもペロっと平らげたとの事。

今回はかなり大きなカブ・・・ダイコン?ですかって言われるぐらいの大きさです。

これをスライスして、オリーブオイルでソテーして、白ワイン蒸しにすると美味しいですって、玄関先でアドバイス。

今回はサニーレタスが育ってきたので、皆さんにお届けしました。

白菜やカボチャ・サツマイモ等が入っていたため、

かなりかさばる展開に・・・

わぁ、お野菜たくさん!って感動してくれた方も・・・

玄関先でお野菜受け取ってくれたお留守番の男の子、

お野菜の包みを床に置くので

玉子入っているから踏まないでねって言って帰りました。

ハヤトウリはシャキシャキ、聖護院大根は柔らかい♪

ついにミニ白菜を収穫する時がやってきました。

9月の始めに種まきしてから約70日です。種袋には50日ぐらいで育つとかいてあったんですが、まぁ、天候もありますし、「カタログ性能」どおりにはいかないですね。

とにかく、皆さんに行き渡るだけの数が収穫できてホッとしています。

ハクサイが届いたら、キムチ漬けたいってお客さんもいらっしゃいましたし・・・

前回、大根をお届けしたのですが、一部の方には、青首でなく丸い聖護院大根をお届けしました。

今日は、あれはなんですか?と聞かれました。「聖護院大根」と言うものだと説明ししたら、すぐに煮えて、柔らかくなった、餡掛けにして食べたとの事、

それから、ハヤトウリはシャキシャキしてて美味しかったと言うご感想も・・・

玄関先で「漬け菜」談義もしてしまいました。

葉物でコマツナや台灣小白菜をお届けしましたが、台湾小白菜は、割と外観がコマツナに似ています。

いや、だから、「アブラナ科のブラシカ属のコマツナとかを『漬け菜』と総称して、

結球するのが白菜で、結球しないけど大型化するのが山東菜で、

結球しないで小型だけど、割と白菜に近いのが大阪シロナや広島菜で

割と青臭いのがコマツナで、台湾小白菜はえーと、どちらかに近いかと言うと・・・」

「じゃあ、コマツナとチンゲンサイの中間ぐらいですか?」

「うーん、どうなんでしょう?」

まぁ、コマツナほど青臭さがなく、淡白な味ですが、オヒタシでも炒めものでもいけると思います。

サトイモもネギもニラも柔らかい♪

9月の長雨の影響で秋野菜の植え付けが遅れ、葉物不足です。

しかし、少しづつ、遅れて種まきした野菜たちも育ってきて、

だんだんとお届けできるお野菜が増えてきました。

と言うか、今回の写真、お届けした「ミニミニセット」の中身(個々のお野菜の供給量に限りがあるので、お届け内容は人によって少しづつ違います)なんですが、

けっこう、いっぱい入ってますね。

なんか、大衆食堂のオバちゃんが大盛りにしたご飯みたいなセットの量感です。

お届け先のマンションの前で車からお野菜を取り出していたら、ご近所の人が集まってきました。

かぼちゃ、土がついてて新鮮そう、ネギ、立派。シシトウ、こんな立派なのふだん買っていない・・・

え?、これで1ヶ月で4780円?、1回じゃなくて?、安い!!!!

やっぱり、大衆食堂・大盛りオバちゃんのお届け野菜版です(爆)。

お届け先の方にも言われました。

サトイモ柔らかくて、子どもが大好き。ネギも、ニラも柔らかい。

オジサン、今日はカブないの?って聞いてきたお子さんもいましたね。

先日、畑に遊びにきて、畑でカブをかじったお子さんです。

秋野菜を車に乗せて出発♪

2021年は長梅雨、そして秋野菜種まき期となる二百二十日(立春から220日目、9月11日前後)付近の長雨、

この2つが野菜の生育にかなりのダメージとなりました。

それでも夏場は、ゴーヤやオクラが採れました。

秋野菜の量は限定的ですが、どうにか、少しづつ、小松菜やシュンギク、ネギ、ハクサイなどが採れだしています。ダイコンも採れました。

それらのお野菜を車に積んで出発。さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、そして、都内北区・板橋区・豊島区・文京区の一般のご家庭や飲食店にお届けです。

寒くなったり、雨が降ったりしていますが、どうにか、来週も収穫できるように野菜が育ってくれるといいなぁ。

連日、そんなことを考えています。